日々自分の人生と未来を考える

日本の外交対策の国内評価が低い

読了までの目安時間:約 2分

 

日本の外交は過去においては鎖国時代、明治維新、戦後の対応などある程度評価されることが多いのですが、現在の外交はあまりスムーズに行かないことも多く国内での評価が低いように感じます。基本的に現在の外交は国際法に則ってそのなかで日本の主張を行っていこうとするスタンスだと思いますが、その対応は日本が馬鹿正直に守っている状態になってしまっていると多くの人が感じていることと思います。特に東アジア周辺の国々は、現在の外交を経済戦争であったり、情報操作やイメージ戦略、空きあらば優位に立つためにアクションを起こすという考え方で各国との外交戦略として行動や発言を行っています。ようやくそれではいけないということになっているようですが、まだまだ周到なしたたかな外交というところまでは到達していないことから国内評価が低くなってしまっている原因だと考えます。確かに国際社会から非難やブーイングを浴びるような他国でやっているようなやり方はする必要はありませんが、不用意な発言で日本のイメージを落としたり、事実と違う日本ディスカウントが進まないようにしっかりとした対応戦略というのが今の外交に求められているところです。何もかも友好に解決というのは日本しか考えてなく、一枚も二枚も上手になるような対応を現在の日本の外交に期待したいと思います。キャッシング主婦

 

未分類

この記事に関連する記事一覧