日々自分の人生と未来を考える

少子化問題は女性だけでなく男性にも意識を向けるべき

読了までの目安時間:約 2分

 

私は良くも悪くも政治経済に興味がありません。

選挙も興味本位に行っているぐらいで政党にも興味がありません。

そんな私ですが、最近よく「少子化問題」というワードをニュースで耳にしていて関心を持ちました。

単純に少子化を防ぐならば昔みたいに男性が働いて女性は専業主婦に徹する…それだけで出生率は高くなるのでは?と思っていました。

実際この考えは今も変わっていません。

ですが、自分の職場を見ても30代以上の独身者は多く、非正規雇用の方も昔に比べ多いと思います。

正社員で働きたくても仕事先が見つからず、生活を守る為にとりあえず非正規雇用で働いている…という方が男女共に本当に多いです。

特に男性の方で今後結婚されたとしても男性の稼ぎだけで食べていけるわけはなく、共稼ぎでなければ生活できないでしょう。

女性が働きやすい環境を…というのも、実際は共稼ぎでしか金銭的に余裕が出ないから女性が仕事にすぐ復帰する。

そして必然的に保育園が足りない等の問題も出ている…のではないかと思っています。

昔みたいに主婦のパートぐらいで生活にゆとりが出る様になれば明るい兆しになると思いますが、このまま経済が回復しないと非正規雇用の人は増え続け、いつまでたっても少子化は改善されないと思います。

女性に目が行きがちな「少子化問題」ですが、男性の給与面等から見直して欲しいと思わずにはいられません。

お金を借りる

 

未分類

この記事に関連する記事一覧