日々自分の人生と未来を考える

この時期アジア各国が日本に注視する

読了までの目安時間:約 2分

 

夏は何かと近隣のアジア各国からの注目が高まる時期です。特に中国と韓国への対応を誤ると取り返しのつかない事態へと発展しかねません。そんな中、中国が主催する抗日戦勝記念式典に韓国が参加する見込みのようで内心穏やかではいられません。韓国は中国寄りに完全にシフトするのでしょうか。この韓国の式典への参加に対して日本はもちろんの事、アメリカも参加を見送るように求めていますが、どうなるのでしょうか。私が思うに日本、中国、韓国が心から仲良くなることができれば欧米をはるかに超える強固な経済圏になると思っています。GDPの2位・3位・13位がそろうのですからその可能性は非常に高いはずです。世界のモノやサービスがアジアを中心とした流れにシフトし、われわれアジア人の暮らしはより豊かになるはずです。こんなことは各国首脳分かっているはずですが、それとは別にややこしい個別の問題が無数に存在するのも事実。なかなか有効な策は見出されていないようです。安全保障やTPP、歴史問題、などあちらを立てればこちらが立たず状態が続いており、正面からは捉えることのできない、複雑な糸が修復不能なほど絡み合っています。この糸を一本一本解いていくことが何よりも重要で、これらすべての糸を解くにはおそらく相当先の話になることは間違いありません。カードローン審査

 

未分類

この記事に関連する記事一覧